So-net無料ブログ作成
検索選択


塩村議員にチクリ!内海桂子師匠

内海桂子師匠が塩村議員にチクリ「女都議が切り返せば話は早い」

 18日、東京都議会の本会議でみんなの党の塩村文夏議員が、
妊娠出産への支援に関する質問をしていた際に、

男性議員から「早く結婚しろよ」「子供もいないのに」などのヤジが飛び、
「セクハラ発言」騒動へと発展。どの議員が発言したのか、犯人探しが始まっていた。


 この騒動に対して20日、浅草が生んだ女性漫才師で、
現在、漫才協会の名誉会長を務めている内海桂子師匠が
自身のツイッターで「都議会で下種っぽく野次られて腹を立て犯人探しをしているらしい。


事の背景は知らないが男女同権の昨今その場で「今のヤジは誰が言った」と
女都議が切り返せば話は早いしその場で事は済む。


自分で出来ないならその場で議長に要請すればいい。
プロ同士が戦っている世界の話はまずその世界で解決すべき」と、塩村議員の対応に物申した。


 確かに内海師匠が指摘するように、男女同権を主張するならば、
「女性だからその場で言えなかった」ということは、筋が通らない。


田嶋陽子だったら、激怒しその場で抗議していたはずだ。
塩村議員にはこれから、強さや勇気を備えて欲しい。


 騒動は23日、ヤジを認めた都議会自民党の鈴木章浩議員が、
塩村議員に「先生にご心痛を与えて本当に申し訳ございませんでした」と
深々と頭を下げて謝罪し、ひとまず一段落。


塩村議員は「これがひとつのきっかけになると思っています」とコメントしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00000006-reallive-ent







共通テーマ:芸能 | 編集
Copyright © 気になる芸能人のうわさ話、芸能・エンタメスクープ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。