So-net無料ブログ作成
検索選択


大島優子、ホームで卒業

大島優子、ホームで卒業「AKB48は私の宝物」


 AKB48の大島優子(25)が9日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、
2006年4月1日の劇場デビューから8年2ヶ月におよぶグループでの活動に幕を下ろした。


思い出がぎっしり詰まった本拠地最後のステージで、
大島は「AKB48は私の宝物です」と涙ながらにあいさつ。


最後は「皆さんがプレゼントしてくれた曲です。
この曲のおかげで羽ばたけました」と感謝し、
おなじみの「ワンツースリーフォー!」のカウントを響かせた。


大島優子、最後の制服姿!? 劇場公演の模様 
昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』での電撃卒業発表から160日。


ついに訪れた卒業公演では、メンバーがそれぞれ大島ヘの思いを語った。

7日に行われた選抜総選挙で初めて1位になった渡辺麻友は
「優子ちゃんがいないAKBを考えられなくて、先が真っ暗になって、
やっていけるのかなと考えた」と不安と吐露しつつも「これからの
AKB48は私がちゃんと引っ張っていかなきゃ。

これからのことは任せてください」と宣言した。


 大島が「永遠の推しメン」と公言していた小嶋陽菜はあいさつ前からボロ泣き。
「優子がいないと頑張れない…」「頑張れないけど、いるだけいようと思います」と
こじはる節で劇場を爆笑に包むと、恒例のキスを迫ったが、前日に続き、するりと身をかわされた。


 お互いを戦友と呼び合う高橋みなみが「卒業したら、
戦友じゃなくて親友になってください」と“告白”すると
、涙で顔を歪めながらも「嫌です」とまさかの拒否。


高橋は「なんでやねん…」と肩を震わせた。
指原莉乃や峯岸みなみらが「いい話だったのに!」「たかみな残念…」と
突っ込んで笑わせたが、大島は「戦友はたかみなしかいないもん」と言い聞かせ、
「これからもよろしく」と握手と抱擁を交わした。


 前日、東京・味の素スタジアムで7万人のファンに見送られた卒業コンサートから一転、
最後は定員229人(通常時は250人)の“ホーム”のステージ。


先月25日の握手会事件を受けて劇場の厳重警備は続き、
この日も最前列は使用禁止となったが、
それでも近すぎるほどに近い観客に向け「たまに遊びに来たいな思うし。


これまでの卒業生より一番AKB48の近くにいたいです。
これからもよろしく」とメッセージを送った。

 観客229人はファン有志が制作した背中に大きく「優子」と書かれた
赤いハッピに身を包み、「変幻自在のエンターテイナー」の最後の雄姿に大声援。


劇場裏にもファンが多数駆けつけ、何重もの人垣を作った。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140609-00000332-oric-ent



共通テーマ:芸能 | 編集
Copyright © 気になる芸能人のうわさ話、芸能・エンタメスクープ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。